ハイレベル3DCGソフトを使用するならQuadro必須

Quadro FX系か、それが24台とは。昔はFX3500を使ってtけど、今はGeForceばかり。FXには手が出ない。新しいメモリやグラボを買おうとしてるのはゲームっていうよりは動画編集の為。グラボはGeForceじゃなくてQuadro買えよって話なんだが、いかんせん高いのと個人使用ならGeForceで充分という意見を信じたいのというのがある。GeForceは今の流れを見てみるとわかるようにゲームの速度を求めた物。倍精度をQuadroに任せ。余分なモノを省きゲームに向くようにして作られた物体。ドライバも精度より速度。Geforce 7950GX2が、Quadro FX 4000 SDIにFF XIベンチで負けてびっくり。推奨はあくまでもGeforceメインで仕様上はPCI2.0対応ならQuadro系も挿さるはず。外付けGPU箱内部見ても十分な電源積んでるし、これは結構イケそうな気がする。

もともとパソコンに付いてくるのがQuadroでMacの演算用に買い足すのがGeforce。QuadroとGeforceの違いとは。嫁を二次元な世界に預けてある方々には、ぜひともGeForceやQuadroではなく、Wildcatを使ってみて貰いたいものだ。MayaとかXSIといった100万級の3DCGソフトでモデリングをしていると、その辺のRadeonやGeforceを使うとモデルのワイヤーフレームがバケて使い物にならなかったりする。だからQuadro必須。まぁ最近はDirectXでいけるようになったからあんまり関係ないけど。Geforceはゲームする人用。Quadroはゲーム作る人用。いかに3Dモデルをリアルタイムレンダリングで速くヌルヌル表示させるのか、が前者。逆に3DCGのモデリングやワイヤーフレームをいかに正確に表示させるかが後者。表示のチェックに金と時間がかかるからQuadroは高い。大学に置くPC、グラボをQuadroのK400ってのにしたんだけど出力がDVIとDisplayPortの2つしか無くてキレそう。