GeForeceとQuadro、どっちを選ぶ?

画像の編集作業など画像を取り扱う職業の人や趣味の人など、画像を高速に処理したいのならば、GPU(グラフィックボード)は高性能なものを選ぶのがマスト。これはある程度パソコンの知識がある人なら常識とも言えることです。

最近ではGPU内臓のCPUも高性能になってきているため、GPU内蔵CPUを搭載したパソコンも増えてきています。これによってノートパソコンでもグラフィック処理も以前よりは快適になってきていると言えます。ただ、AdobeのPhotoshopなどプロが使用している画像専門ソフトでの処理を快適に行いたいと考えた場合、適したグラフィックボードを搭載しているパソコンを選ぶべきです。

グラフィックボードと聞くとGeForeceのイメージが強いと思います。GeForeceシリーズのGPUでも画像処理はもちろん可能です。しかし、AdobeやAutodeskの製品やクリエイター向けソフトを使用するのであれば、Quadroシリーズを選ぶことを検討したほうがいいです。

なぜQuadroシリーズがいいのか?

GeForeceもQuadroも同じnVIDIA 社のビデオチップです。GeForeceは一般的にオンラインゲームを快適にプレイできるように民生用に提供されている製品に対し、Quadroはクリエイター向けの業務用に提供されている製品なんです。だからゲーミングPCおすすめなのはGeForce GTXシリーズです。

高性能PCと聞くと、高性能なCPUにメモリも大容量のパソコンをイメージするかと思います。でも、パソコンというのは1つのパーツが高性能でも意味がありません。OSやアプリケーションの起動を高速化してくれるSSDやHDD、GPUの種類や相性によっても変わっていきます。これら全てのパーツが最大限に力を発揮できる組み合わせがされているのが高性能PCだと言えます。

とは言っても、全部を高性能なものにするというのは予算に余裕がないと厳しいところ。そこで、どのパーツに一番力を入れるかという選択が必要になります。最近では、GPGPUと呼ばれるCUDAやOpenCLなどのフレームワークを利用して、Adobe CSなどのブラシサイズ変更、ズーム処理、フィルタ処理などが高速化や3Dアニメーションソフトでの処理を快適に操作できるようになってきています。

それほど、GPUの性能は重要なんです。Quadroは3DCGやCAD用途に最適化されたGPUなため、ソフトの安定した動作はもちろん、出力できる画素数が最大4枚まで対応できます。これは、1枚のGPUでディスプレイを4画面まで表示させられるということです。ディスプレイ環境は作業効率を高める重要なポイントにもなるため、これはとても大きなメリットになります。

Quadro搭載パソコンは性能が安定している

GPUだけをQuadroに交換するというのもいいですが、そうなるとメモリの増設など他にも買い替えが必要になる場合があります。そのため、Quadro搭載のパソコンに買い換えたほうがコスパがいい可能性が高いです。

BTOメーカーがQuadro搭載パソコンを販売しており、性能や価格も幅広く用意してくれているので、予算と相談しながら決めやすいです。ドスパラやパソコン工房が主に取り扱いが多く、6万円代の激安モデルから40万円代のハイスペックモデルがあります。GPUの性能に合わせて動作が安定するように他のパーツも組み合わせてくれているため、自分でGPUだけ交換するよりも動作の安定性が高くなります。画像編集を快適にするならGPUはQuadroシリーズに決まりです。